子供の長引く鼻水はアレルギー?ステロイド点鼻薬は安全なの?

うちの子供が年中鼻水が出ており、4歳になるのですが、たぶん、クラスでも1番よく休んでいると思います。

楽しみにしていた学習発表会や遠足も、なんとか出席はするものの、ひとり、鼻が苦しそうで常に触っていたり、少し走ると咳が出て疲れてしまったり、本当にこちらが辛いです。

鼻水と咳以外にも、よくお腹を壊しますが、いつもニコニコ元気です。
でも、鼻水がひどいときに無理させて、高熱を出したこともあり、すごく心配しています。だから、最近は、少し微熱があったり、辛いときは休ませてます。

風邪にしては長引きすぎだし、治ったと思ったら、せいぜい一週間もしないうちにまた鼻水がひどくなるので、ここ一年ほど、心配が耐えません。

半年前にアレルギー検査もしたけれど、何も引っかからず、病院の先生も驚いていました。花粉、ダニ、蕎麦、小麦など、一般的にアレルギーになりやすい食品やアレルゲンを中心に検査しました。

先生が驚いていたのは、普通は、ほとんどの子供が、何かしら、少しは抗体?の反応があるらしいのです。
しかし、うちの子は、1%も出なかったのです。

では、この年中絶え間ない鼻水はなんなの?風邪にしては長すぎる。
他の子はこんなに鼻水出ないのに、、。
泣きそうです。

そんな矢先、同居している親が、あることに気づきました。私の服についているケバケバのチリみたいなもの。
それは、私たちの寝室の隅っこにもたまっていました。

このようなチリのような毛玉が、部屋のあちこちに転がっており、掃除機をかけた翌朝には、元通りほこりだらけになるので、変だなと思ってました。

でも、毎日掃除機をかけるのも面倒なので、見てみぬふりというか、カーペットや衣服、毛布などから出る毛玉だから、切りがないのかなと思ってました。

それが、親が言うには、そうではなくて、それは、羽毛だというのです。

確かに、羽毛布団を見ると、何箇所か穴が空いており、羽毛が飛び出していたよう。
うちは、猫を飼っているので、爪を立てられていたようです。

すぐに布団は処分し、部屋を大掃除しました。
部屋の隅っこや窓のさんにもたくさんたまっておりました。

これがもし原因だとしたら、嬉しい反面、今まで気づかず使い続けていたことに腹が立ちます。
このせいで一年以上苦しんでいる子供が、かわいそうでなりません。

しかし、もし羽毛が原因だとしたら、これで治るといいのですが。

羽毛アレルギーというのがあるのは知りませんでしたが、こわいですね。肺炎になるまでこじらせたら大変なことになります!

羽毛布団は軽くて快適ですが、これから使うのは辞めようと心から思いました。
重くても、綿の布団や毛布を重ねたり、遠赤外線の敷布団をつかうなど、何か工夫しようと思います。

追記)

その後、なんと、血液検査を再度したところ、アレルギー反応が出ました!

好酸球というのが、+1
前回は、0だったのに!

この数値が高いと、アレルギーの可能性が高いとのことで、治療することになりました。

幼稚園に入ってからというもの、鼻水との戦いで、冬なんか、一ヶ月近く休んでばかりでした。

幼稚園に入る前は、どちらかと言うと、熱も出さないし、病気をしない元気な子だったのに。幼稚園で慣れない菌やウイルスに触れたのでしょうね。

風邪をひくたびに、鼻水だけは、他の子よりも長引いており、気になっていました。去年の夏、水泳教室に活かせ始めましたが、その頃から、結膜炎などもらうようになり、風邪も治らなくなりました。

冬はドロッとした青い鼻水が2ヶ月くらい出てたかな?耳鼻科行っても治らない。今年の春になりましたが、鼻水の色は白っぽくなったものの、まだ治りません。

耳鼻科の薬(ムコダイン、アスベリン)は、冬くらいから断続的に飲んでますが。

今回、アレルギーの治療を考えてくれたお医者さんは、耳鼻科ではなく小児科です。
耳鼻科では、上記の薬や抗生物質がメインでした。

抗生物質を飲ませたこともありましたが、確かに速攻で効きました。
抗生物質嫌いなわたしですが、40度の熱で痙攣まで起こして、飲ませざるを得なくて。
翌日から嘘のように青っぱなが出なくなりました。

耐性菌がつくとか怖くて、その後は、鼻水がひどくても、抗生物質は飲ませてません。
そのかわり、前回のように重症化しないよう、少し具合が悪い日は、無理せず休ませるようにしました。

その結果、ちょっとしたことで幼稚園を休んでばかりになってしまいました。
熱性けいれんはすごく怖いので、無理して高熱出されるのが恐ろしいのです。

今回、なぜか、頼りにしていた耳鼻科ではなく、小児科で、アレルギーの治療がされることになりました。
普通は耳鼻科だと思うので、意外ですね。

その小児科では、去年の冬、熱性けいれんを起こして駆けつけたときに、真っ先に鼻の悪さを指摘されました。
レントゲンを撮られ、副鼻腔炎と言われ、アレルギーの可能性が高いと言われました。

そして、血液検査に至ったのが去年の10月。しかし、アレルギー反応なし。すぎ、花粉、ダニ、ハウスダスト、犬、猫、蕎麦などの食品、すべての項目が無反応でした。

やはりただの風邪かと思い、耳鼻科通いをしていました。しかし、治らない。普通は寒い季節が終われば、鼻も治ることが多いと耳鼻科で言われました。だから期待していたのに、春になっても、今度はサラッとした白い鼻水が出る。

体をかゆがっていたのもあり、さすがにアレルギーかもと疑い、前回の小児科に行くことにしました。
ちょうど、春先に再度、アレルギーの検査をしており、結果待ちでした。
とろろ芋やオートミールを食べたあと、蕁麻疹が出たので検査したのです。鼻の粘膜も検査しました。

血液検査の結果は、また、オートミール、山芋ともに、陰性でしたが、その代わり、鼻の粘膜の検査で、好酸球というのが陽性でした。

主な治療は、飲み薬(抗ヒスタミン)と点鼻薬(ステロイド)です。

ステロイドはこわいイメージがあり、皮膚科で出されても使ったことはほどありません。使わなくても、清潔にし、保湿すれば自然に治ることばかりでした。

だから、嫌だなとは思ったけど、いくらなんでも、一年中鼻水で悩み、ときに咳き込んで眠れないのは、かわいそうすぎます。

ステロイドは、花粉などのアレルゲンに過剰に反応してしまうことを止めるようですね。皮膚炎なども、体に有害な異物に対する防御反応として、皮膚が赤くなったりしてるのですが、この反応(炎症)を抑えるのがステロイドのようです。
 
有害な異物から体を守るために、皮膚が腫れたり膿んだりし、異物を外に出そうと頑張っているのを薬で抑え込むのだから、ステロイドはいいはずありません。
だから、リバウンドして悪化することもあるのです。私も経験あります。


しかし、今回、ステロイド点鼻薬を試すことにしました。
鼻の中の炎症は、皮膚のように見えませんが、おそらく、この薬のおかげで今、炎症が引いているのでしょう。

アレルギーの場合は、皮膚や鼻の粘膜が、過剰に反応してしまうことが問題なのだと思います。

花粉やほこりは、日常にありふれた異物であり、少しくらい取り込んでも、ほとんどの人には問題ないのです。
しかし、中には、過剰に異物を追い出そうと反応してしまう子がいるのでしょう。特にまだ免疫が未熟な子供は、反応しやすいのかもしれませんね。

私なんて、子供の頃から、田舎で猫の毛にまみれた生活、花粉などの自然にも触れまくってたと思いますが、何1つアレルギーはありません。
元旦那は、都会っ子で、田舎に住んだことはありませんが、常にマスクをかけていて、花粉やほこりに過剰に反応する人でしたが。旦那の体質を継いでしまったのか、、(TT)私に似て強くなってほしいな。

子供に関しては、点鼻薬をした直後から、鼻水がほとんど出なくなり、夜中も咳や鼻水で苦しむことなく熟睡している子供を見て、使ってよかったなと思っているところです。

しかし、この後どうなるかは分かりません。リバウンドのようなものがないことを祈りますが。

人間の体はまだ分からないことだらけ。
ステロイドを使って治る人もいれば、悪化したり、自力で治ることもある。

自力ではどうにもならないときに、薬に頼るわけですが、これがまたどうなるかわからない。だから、お医者さんも、とりあえずたくさん薬出したりする場合があるんでしょうね。逆に徹底的に出さなかったり。

アレルギーは体質によるものなのだと実感しました。
同じ環境に住んでいても、何1つアレルギーのない私。少しのホコリで咳き込み、空気清浄機が必要な元旦那。

しかし、そんなアレルギー知らずの強靭な(鈍感な?)私でも、一度だけ、アレルギーのような症状が出たことがあります。
それは、あの震災の直後、、


311の地震のとき、東京都渋谷区に住んでいた私は、その数日後から、謎の喘息に悩まされたのです。
春だから花粉のせいにされ、ステロイド点鼻薬を出されましたが、まったく効果ありませんでした。今までにないような異常な空咳でした。痰も鼻もないのに止まらなくて、発作に苦しみました。

あんなに息が止まりそうなほどの変な咳は、生まれて初めてでした。

原因となるアレルゲンは、間違いなく、放射能でしょう!

すぐに分かりました。それ以外ありません。アレルギーなど起こしたことのない私です。
そして、その変な咳は、1〜2ヶ月後、自然に治りました。放射能の数値が落ち着いてきた頃ですね。

今回の子供のアレルギーも、実は放射能が関係しているのではと思うとこわいです。
ま、周りの子供たちはアレルギーじゃないから、違うとは思うけど。


※追記

その後、ステロイド点鼻薬を一週間ほど使用してみた感想です。使った後しばらくは、鼻水が減り、鼻詰まりもなく、ぐっすり眠れています。
アレルギー体質による鼻水で悩んでいる方やお子さんが要る方、使ってみたら楽になるかもしれません。

うちの子は4歳になって処方されましたが、乳児に対する安全性は証明されていないようで、お医者さんも出さない可能性があります。
その場合は、鼻うがいもオススメ

詳しくは、こちらの記事をご覧ください。
👇
https://www.ishikkoro.work/2019/05/blog-post61.html
























このブログの人気の投稿

ラブラドライトは怖い!悪夢を見たり霊感の強い人は注意!合わないパワーストーンの恐怖体験談!

気持ち悪い!足が長い蜘蛛みたいな虫!ザトウムシは足が取れると死ぬ?毒や害はあるのか?

ラブラドライトは人を選ぶ不思議な石?合わない人は魔除け効果のチャクラを開くパワーストーンがおすすめ!