形状記憶ワイヤーで作る簡単おしゃれなブレスレット!初心者でもできるハンドメイドアクセサリーの作り方

ハンドメイドアクセサリー販売歴1年半の石っころと申します。

今回は、形状記憶ワイヤー(メモリーワイヤー)という面白い素材を見つけたので、早速アクセサリーを作成してみました!

メモリーワイヤーは、普通の手芸用ワイヤー(アーティスティックワイヤー)などと比べて、かなり固めのハリがあるワイヤーです。

そのため、作成には少し力が要りますが、その分、作成後に形が崩れる心配がなく、安定した形状を保てるのがメリットです。
ブレスレット作成にもピッタリと言えますね!

では、さっそく作ってみましょう!
(下に続く)

簡単!おしゃれ!形状記憶ワイヤー(メモリーワイヤー)で作る天然石ブレスレットの作り方



まず、最初に、形状記憶ワイヤーを、ニッパーを使い、適度な長さにカットします。
パチン!


固い!思ったより、結構力が要ります!(^_^;)



次に、2重になってるワイヤーの端っこを平ペンチで曲げ、その後、丸ペンチなどで、くるりんと丸めて、留め具(調節金具)を作ります。

これが、一番大変!!
メモリーワイヤーは、固いから、慣れるまで、細かい形を作るのはかなり大変!私も苦手です(汗)


お好きなビーズをひとつひとつワイヤーに通します。これは、楽しい作業です♪
今回は、チャロアイト(エンジェルシリカ)を使いました!淡い紫が大好き♡

通し終わったら、端っこに潰し玉(シルバーのビーズ)を付けました。


ボンドで接着し、つぶし玉が、動かないようにします。


完成です!!🌟(^o^)


どうですか?? 
とても簡単で、すごく可愛く、オリジナルのブレスレットができました!!

もちろん、天然石に限らず、メタルビーズやロンデルなど、お好きなビーズを通せば素敵です!!

石っころは、チャロアイトシリカとシルバーのロンデルを使って、キラキラ夏らしく、涼しげに仕上げました♪

また、今回の形状記憶ワイヤーは、ブレスレット用ですが、ペンダント(ネックレス)やチョーカー用のワイヤーもあるらしいです。

私は、本当は、ネックレス用のメモリーワイヤーが欲しかったのですが、見つからず、、。
手芸ショップに売ってるのかな??

ちなみに、今回のブレスレット用の形状記憶ワイヤーは、ネットで見つけて買いました。
まとめ売で、大量に作れるから、安いと思いました!!

これからも、形状記憶ワイヤーで、簡単、おしゃれに、オリジナリティ溢れるブレスレットを作ってみたいと思います!

参考になりましたら、他の記事もご覧ください。


ハンドメイド関連(売り方、販売方法)、パワーストーン関連などを載せています。

あわせて読みたい

このブログの人気の投稿

「魚べい」のルーレットが当たる確率は?気になる景品の内容はこれ!

野生のキジは珍しい?縁起が良いカラフルな鳥!スピリチュアルな意味や生息地、鳴き声について(画像&動画あり)

ショック!車を何度もぶつける人の特徴は?落ち込む前に考えたいスピリチュアルな理由!