宇都宮「東武ホテルグランデ」の鉄板焼「下野」(しもつけ)でランチのとちぎ和牛ステーキを堪能!コースの内容や値段、土日の混み具合は?

久々の休日は、栃木県の宇都宮駅前にある東武ホテルにある、鉄板焼「下野」で、7700円のランチコース!

貧乏人だってたまには贅沢したい!
オージービーフの3000円、副菜など付かない5000円のコースもありましたが、、
奮発して、7700円のホタテ貝付きリッチなコースにチャレンジ!!

若い人やファミリーはゼロ。見た感じ、60代くらいのシルバーの方が数名いらっしゃったのみ、店内はガランとしています。

カウンター席に座ると、前菜、副菜が出され、その後、鉄板の前にシェフが立ち、お肉を焼くパフォーマンス!
都内の一流ホテルや鉄板焼屋さんにも負けない、リッチな演出です!
(下記に続く)


○前菜は、海藻のジェル!



一口サイズのお上品な器に、ウニ、ブロッコリー、赤ピーマンなどが入ってる。
美味しい!

栃木県は、海無し県なので、魚介は鮮度がイマイチなイメージでしたが、ウニのトロトロ感が、満足な一品!

○カプレーゼ3種


・フォアグラ
・鯛
・生ハム&チーズ

どれもとても美味しい!
ミニトマトが甘くて驚いた。フルーツトマトだそう。

本当に果物のような甘さだったので、すごく美味しいと言ったところ、シェフが教えてくれました。
産地は忘れました^^;


○ホタテ貝のソテー


生でも食べられる新鮮なホタテを使用とのこと。 
少しレア感残る柔らかい食感、甘みがあり、とろけるおいしさ!

海なし県だから、さすがに北海道とかには負けると思いますが、さすが高級感溢れるホテルの鉄板焼ですね!

レモンや岩塩をつけて食べてもいいですが、そのまま食べても甘みがあり、美味しい!

○お待ちかね!とちぎ和牛のステーキ


サーロインのヒレ肉から選べますが、今回はサーロインにしましたが、正解でした。
程よい脂身があり、たまらないおいしさ♪


焼き加減も選べます。今回は、ミディアムで!
鉄板でこんがり焼いて、目の前でカットしてくれました。


表面カリッと、中身はジュワッと肉汁あふれる絶妙な焼き加減。
ほどよく柔らかい肉質で、噛むと甘みのある油がじゅわっと、たまりませんね♪

とちぎ和牛の産地は主に、小山など南側だそうです。
牛肉は、筋肉が付きすぎると固くなってしまうそうで、北の広い牧草地はあまり適してないらしいとのこと。

あまり広い場所だと、運動しすぎてしまい、筋肉が付いてしまうそうです。
北の広々した牧草地より、南側のほうが食用の牛は多く、反対に、那須など北側は、乳牛の飼育が盛んらしい。

美味しいお肉を作るには、激しくない適度な運動をしつつ、ストレスを与えないことが一番だそうです。
牛にはかわいそうですが、そうなのですね^^;

ちなみに、栃木県は、牛乳の産出量が日本第2位だそう。知らなかった!



炎のパフォーマンスがびっくり!
ブランデーをかけての豪華なパフォーマンス。

肉の脂身とモヤシ、ズッキーニなどの野菜をたっぷり添えてくれた。


サラダ。赤いのはビーツという野菜です。




サラダやステーキは、カリカリのガーリックスライスを添えて食べると美味しい。


ステーキソースは3種類。ポン酢、わさび、もろみでした。 

○ガーリックライス



肉の余った脂身をヘラで鉄板に押し付け、そのうえにご飯をたっぷり!大葉も入っていて、食べごたえあるボリューム。
 
○デザート  




カシスのシャーベットは、フルーツ感たっぷり!濃厚な味わいで、脂っこい食事をさっぱりしめてくれた。

ドリンクは、ホットコーヒーや紅茶が選べますよ。

いやーー美味しかった!
高級感のあるカウンターでの鉄板焼パフォーマンス!
栃木県にいながら、都内のようなリッチ感を味わえました!

都内と違い、休日でもすいているのも魅力!
予約無しですぐ入れましたよ!

庶民だってたまには贅沢したい!そんなときにオススメなのが、東武ホテルのレストランです!!

このブログの人気の投稿

ラブラドライトは怖い!悪夢を見たり霊感の強い人は注意!合わないパワーストーンの恐怖体験談!

気持ち悪い!足が長い蜘蛛みたいな虫!ザトウムシは足が取れると死ぬ?毒や害はあるのか?

ラブラドライトは人を選ぶ不思議な石?合わない人は魔除け効果のチャクラを開くパワーストーンがおすすめ!