BCG予防接種はコロナに効くってやっぱり嘘?怪しい!ワクチン過信は危険!推進派の陰謀か??

私はワクチン反対派でも推進派でもありません。が、BCGがコロナに効くって話を聞いて、怪しいなって思ったことがあるので書きます。

最初は私も信じそうになりました!
BCGワクチン摂取国と非摂取国や途中でやめた国との間で、感染者や死亡者の相関関係がある!との記事がツイッターでも噂に!

その記事によると、ワクチン接種してる国のほうが明らかに感染者や死亡者の割合が少ないのです!

BCGワクチンとコロナウイルスの相関地図!!

この地図見たら、誰だって驚くし、怖くなって、BCGしようって焦りますよねーー!
私も小さい頃にしたけど、40年前の話。BCGの効果は15年から30年とも言われ、効果が続いてるかわからない。
 
あまりに相関性のある比較マップに、信じる人続出!BCGの需要は3倍に増え、本来の目的である結核防止のための幼児の分が足りなくなりそうだとか、、!

愚かな成人どもよ!とか言いながら、わしも信じかけてBCG打とうか悩んだけど実は(^_^;)

しかし、本当にBCGがコロナに効くのかは証明されていない。あくまて仮設だし、山中さんをはじめ、日本の学会でもコロナ防止のためのBCGは推奨したない。

私は医学には素人だが、医療オタクでいろんな本は読んでいるが、やっぱり怪しいと思う!
あくまで仮設だけど、この説を広めたやつってどんな人たちなの?ワクチン推進派なのやっぱり?
(以下続く)



BCGワクチンがコロナに効果的との仮設は嘘くさい!デマ?フェイクニュース?その理由を検証してみた!!


そもそもBCGがコロナに効くって思われた根拠は何か?
その根拠と言われるものと、それに対する反証を行ってみました❢
  
【理由その1】

○BCG接種国、、日本人、ロシア、北朝鮮、韓国、台湾、タイ、トルコ、ノルウェー、香港、イラクなど
○BCG非摂取国(一度も実施してない)、、アメリカ、イタリア、
○BCG現在は非摂取国(昔してた)、、フランス、イギリス、オランダ、スウェーデン、カナダ、イランなど

比較すると、アメリカやイタリア、スペイン、フランスなどすごい感染者と死亡者!
BCG接種してるロシアやアジア諸国中が、ヨーロッパやアメリカと比べて感染者や死亡者が少ないのは一目瞭然!
確かにアメリカ、イタリアはすさまじい!
しかし、アメリカはよく調べると、死んでるのはほとんど黒人かヒスパニック。つまり低所得層。彼らは満足な医療はおろか、普段の食生活も偏り、肥満や生活習慣病が突出して高い!

ただでさえアメリカは、成人の半分以上が肥満!子供でさえアジアと比べてかなり高い肥満率!
よって、BCG云々ではなく、アメリカの格差や生活習慣が大きく影響していると言える!

また、イタリアについて。イタリアは、世界で二番目に高齢者が多い。コロナで死ぬのは主に高齢者だから、死者が多い理由でもある。
また、イタリアは、ハグしたりキスしたり濃厚接触する習慣が特にある。
スペイン、フランスなどもその傾向あるので、コロナに影響あると思う。

加えて、イタリアやフランス、スペインだけでなく、アメリカやヨーロッパの国々の人は、マスクを嫌う。私の知り合いのイギリス人も、コロナがニュースになった初期の頃からマスクして群がる日本人集団を見て、異様な光景を見るような眼差しをむけていた。

まだ日本で感染がほとんど確認されてない3月上旬の段階で、人口密度の高くない地方都市でさえ、日本人はマスクをしていた。欧米人でマスクしてる人を私は、日本国内はおろか、海外でも見たことはない。医療関係者や重病人をのぞく一般人にマスクする習慣がないのが欧米なのだ!
これは、BCG云々の問題ではない!

つまり、欧米でアジアよりコロナがはやってるのは、マスクしないとかハグするとか、家族で集まって騒ぐとか、そんな文化が関係してるはず。

また、英語や日本国語などの発音の違いにも関係があるのでは?

専門家によると、コロナの人からの感染率は実は5人に一人程度。コロナウィルスのクラスターが発生している場所は限られており、ナイトクラブやカラオケ、飲食店など、室内がほとんど!つまり、密閉空間近距離の会話などによる、飛沫感染が主な原因!

飛沫が飛びやすいのは、日本語より英語だ。t.p.fなどの発音のときに勢いよく舌や唇に空気をあて発声するが、日本語はこういう発音はない。日本語や韓国語?以外、中国語や英語、その他言語では、発声で唾が飛ぶ傾向は強いと思う!
加えて、日本人より大声で話す傾向もあるから、飛沫感染が増えるのもわかる気がするーー。

そして、もうひとつ私が思ったのは、ウイルスの変異についてだ。

これは、テレビで、大阪大学で、コロナの遺伝子ワクチン開発に取り組んでる方が仰ってたのだが、コロナに2種類あることは、確実に判明してる事実とのこと。噂やデマではない。

コロナには、武漢型=S型と、欧州型=L型があり、欧州ではやってるのはL型だそう。こちらのほうが凶暴性が高いとの噂もあるそう。(こちらはまだ研究段階)

日本やアジアで流行ってるのがSだとしたら、欧米よりコロナの感染や致死率が低いのは、そのためとも考えられますよね?
なのに、BCGのせいだなんて、軽々しく言えてしまうのは、どうかと思うー、、。2つのウイルスの型で比較したわけでもないのにねーー!

また、ロシアや北朝鮮については、そもそも、秘密が多い国なので、データがあてにならいと疑ってしまう。
少なくとも北朝鮮では、感染者の家族が皆殺しにされたという記事もあり、隠蔽されてるはずなので、データは相当怪しいと思う!

○香港やタイ、台湾、日本、韓国について、コロナが欧米より抑えられているのは、BCGのせいと言われている。特に、日本、タイ、台湾は、日本株のBCGが接種されており、これが最強との説!
タイ、台湾、香港、韓国は、以前にザーズやマーズなどの恐ろしい感染症が出たことで、ウイルスへの対策が徹底されている。また、知らない人がおおいが、タイは感染症か何か?の研究が、世界でもすごく進んでいるそうだ!

また、日本は確かに、東京の人口密度からすると、流行のスピードや人数は抑えられているように見える。しかし、それは、BCGの仮設が出た当初のこと。現在(4月10)は続々と感染者が増え、全国6000を超えた!死者は120を超えた!これからも検査件数が増え、潜伏者の感染がどんどん明るみになることは間違いない!
また、致死率に関しては、2%程度なので、実はアメリカとほとんど変わらないのだ。
これを見て、なぜ日本のBCGが特別と言えるのか?!

志村けんさんも、持病があったとはいえ、BCG摂取跡をネタにしていたらしく、BCG摂取済の可能性は高い。過信するほどの効果ではないと言えよう。

【理由その2】

隣接する2国を比較して、BCG長く打ってる国の方がコロナが抑えられてるという説もある。
になみに、欧米では、ポルトガルを除き、基本的には現在BCG非摂取国(義務ではないということ。)

○BCG接種国、、ポルトガル
○BCG非摂取国、、スペイン
2国ではスペインのほうがコロナの感染者や死亡者が劇的に多い!だからBCGが効いている!
→確かにそうだけど、死亡率で言えば、実は変わらない。どちらも6%程度の致死率。

○スウェーデンとノルウェーはどちらも非摂取だが、スウェーデンよりノルウェーのほうが長く摂取していた。そのためスウェーデンのほうが感染者や死亡者が多い!
これについて、スウェーデンは、最近まで独自路線で、ロックダウンなどの対応をしていなかったそう。市民のコロナへの意識も世界一低く、コロナが怖いとか答える人は、人口の3割以下だったとか。しかし、さすがに、4月10頃、感染者や死者が増加した(死者7%程度!)ことで、市民が訴え、ロックダウンなどの対策を考えるように変更したとか。

以上を考えると、BCGより、スウェーデンの対策の遅れが感染に影響していたと見られる。
また、フィンランドも非摂取国だが、言及されてない。

○イランとイラクでは、イランは予防接種なし、イラクはありだが、イランの感染者死亡者は突出して高い!これはBCGのせいだ!(特に日本のBCGが効く!)
確かにこの隣接する2国ではそう。しかし、BCG予防接種をしていないヨルダンはどうか??
イラクと比べて感染者も少ないし、致死率も一桁(4月9日時点。)
BCGのせいとは言い難い。

○BCG摂取国、、ポルトガル
○BCGを現在はやめた国、、フランス、イギリス、スペインなど
摂取している国のほうがコロナが抑えられている。
スペインは確かにだいぶ前(1980年くらい)に摂取をやめている。しかし、フランス、イギリスは、2005から2007年くらいまで売っている。
フランスに関しては、調べたら、赤ちゃんだけでなく、成長してからも2回売っているなど、実は摂取率は高いほう。なのに、なぜ非摂取国のほうに比較されてるのか、偏りを感じるなー(^_^;)

しかし、ヨーロッパの中でもフランスのコロナ重症度は突出して高く、致死率は10%近い!!BCGをもっと早く辞めてる他の国より明らかに高いんだけど、、。

それから、ドイツに関して。ドイツもBCGやめてるけど、感染者、死亡者の割合はだいぶ抑えられている。
これに関して、西と東で比較すると、ソ連型のBCGを打ってた東のほうがコロナが少ないと言われている。BCGはソ連型と日本型が最強。

西のほうが人工密度が高いとか、BCG以外の要因も考えられるし、BCGの種類だけで片付けるって無理がないか?
どちらにせよドイツは現在はBCG非摂取国。現在打ってる国と比較してもドイツは抑えられてる方。

【理由3】

○BCG摂取国と非摂取国の比較について、摂取してる国のほうがやっぱりコロナが抑えられている!

そうとは限らない!!
カナダ、オーストラリア、ニュージーランドなど、非摂取国なのに、感染者、死者の割合ともに、高いとは言えない。むしろ低い方。
ま、これらの国は人口密度が比較的低いのも関係してるとは思うが。

また、比較に入っていない国、ヨルダンやアイスランドなどはどうか?
実は非摂取なのだが、感染者、死亡者多くない。死亡率は一桁(4月10現)。なぜか言及されてない。
BCGやワクチン推進派にあまりに都合の良い偏った比較なような気もするけどーー?!

https://www.businessinsider.jp/post-210571

※実はアイスランドについては、人口36万人ほどの島国のうち、1300人ほどの感染者(4月現在)なので、人口に対して比率は多め。しかし、これは、検査が行き渡っているからなのだ。

アメリカでは、人口の0.5%に満たない検査数であれだけの感染者が出ているが、アイスランドは、人口の6%が検査しているから感染者数は抑えられてる方だろう。それに加え、死亡者は一桁と少ない。
BCG有無より、検査体制、隔離体制が徹底されていることなどが、功を奏してると思われる。ちなみにこの国は封鎖はしていない。

【理由4】

日本で65才以上に死亡者が多いのは、BCGワクチン接種始まったのが1950年くらいからだから?

うちの父母は74ですが、どちらもBCG接種しています。
実際はじまったのは1945あたりからなようです。全員ではなかったのかもしれないけど、ツベルクリン反応の有無で接種したと聞いてます。65才以上がしてないとは限らない!

そもそも、コロナウイルスが重症化しやすい人や死亡者は、BCG接種有無関係なしに、全世界的に高齢者や持病持つ人!!BCG接種世代とか関係ない!!
同じ感染者の爆発してるイタリアとアメリカで比較しても、イタリアのほうが死亡率が断然高いのは、高齢者の割合が要因かと思われるけど!

あと、これに対して、アメリカやヨーロッパで子供やティーンの重症者がいるのは、最近の子供がBCG接種してないからだという反論もあるけど、東京でも6位未満の幼児が重症化したり、0歳児や小学生、20代が感染する例が増えてきているから、BCGのせいとは言えないと思うーー!

【BCGはコロナに効くのか?検証のまとめ】

以上、マスコミやツイッターなどで言われていることを鵜呑みにし過ぎず、自分で調べてみることをオススメします!
ネットで検索すれば、BCG摂取、非摂取については国ごとに出てきますから。
私も、ヨルダンやアイスランドか非摂取というのは調べてわかったことなので。。

また、結論から言うと、私個人的には、BCGより、各国の人柄や習慣などに大きく左右されてる気がしました。
フランス、イタリア、スペインなどラテン気質の国に比べて、ドイツは日本人に近い礼儀正しいお人柄です。
また、日本を始め、アジア諸国の人は、ハグしたり握手(濃厚接触)しません!
日本人は清潔でマスクする習慣が身についてます!
その他、国ごとの人口密度や医療体制、食習慣、老人の割合などでも感染や死亡率は変わってきます。

これに加え、アジアとヨーロッパでのウイルスの型の違いなどもあり、どの型のウイルスに何が効いてるのかも検証されてません!
こんななかで、日本株の型のBCGが過剰なほど熱を帯びて取り上げられてるのは、ちょっと行きすぎな気がします。

そもそも、ワクチンの効果自体、BCGの本来目的である結核をはじめ、他のワクチンでさえ、病気への効果は限定的または不明なことも多いのです。
専門家も、実はすべての人に効くワクチンはないと断言しているくらいですから。
コロナに対するBCGの効果が仮に証明されたとしても、それですら、全員に効く保証はなく、過信は禁物なのです!!

コロナ対策でBCGを打つ大人がかけこみ、乳幼児の結核予防のための在庫が足りないとの悲報もあります。
こんな噂レベルでしかない仮設に対して過剰に神頼みして、愚かなことをしないでもらいたいなーと思います。
(私もうっかり信じかけてたけど、、(^_^;))

※追記

その後、4月18日時点、ロシアの感染拡大は、世界のワースト10に入り、ロシアは大丈夫という根拠のない楽観論は消えたとのこと。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ca16f4a19e6a78ed4e32bd99a7c8cf5e51890d89  

3万人を超える感染者、死亡者は300人を超える。
 
そして、日本もこの時点で、感染者は1万人を超え、死亡者は200人を超え、日々の感染者増大に歯止めが全くかからない状況!
→その後、欧州1の感染者数になる。(5月はじめ)

感染者、死亡者ともに少ないロシア、日本について、BCG日本株、ロシア株が一番優秀という話がありましたが、いかがなものか?

確かに死亡率はだいぶ少ないとは思うが、この後増える可能性は十分あるし、アイスランドのようにBCG摂取なしで、検査体制整った国でも死亡率は低めなので、BCGのせいと言い切れるのか疑問だ。

また、同じく日本株BCGの摂取国で、当初は感染が少ないとされていた北朝鮮について。

https://www.jiji.com/sp/article?k=2020033100864

↑2万人近い人が隔離されて、300人近い死亡者が出ているとの情報!4月1日時点のニュースである。

しかも、情報が隠蔽されている可能性も非常に高い国。実際はもっと多いと思われる!

そして、トルコについても。

https://news.yahoo.co.jp/articles/9dd09def963e957603ff4d686de1d7b313b5febc

BCGを乳児期に義務化しているトルコも、初期の頃は、感染者が少ないと言われていた。

しかし、その後、感染者は8万人を超え、死亡者は1800を超えた。

死亡率でこそ、イランや中国よりは少ないが、感染者数はついに中東でワースト1位に!

初期の頃は、イランが凄まじく、BCGうってないのが原因とさんざん言われていましたよね?
今後の世界の感染状況の変化に注目ですね!

ワクチン反対派だった人でさえBCGワクチン接種に駆け込んだという話を聞く。気持ちはわかる。しかし、昔からスペイン風邪とか感染症のときはデマが流行るから、あてにならない情報かもしれないね。

優秀な日本株のBCG打っといたからコロナにかからないわ!安心!って今でも思ってるのだろうか、、?そのほうが危険だ!

※追伸

5月の記事で、イスラエルの実験結果が出たとのこと。以下、引用文。

イスラエルでことし3月から4月初めにかけて新型コロナウイルスのPCR検査を受けた人のうち、BCGワクチンの接種が行われていた1981年までの3年間に生まれた3064人では、11.7%に当たる361人が陽性でした。
これに対して、接種を受けていない1983年以降の3年間に生まれた2869人では、10.4%に当たる299人が陽性でした。
研究グループは、統計的に明確な差はなく、BCGワクチンの予防効果は認められなかったとしています
(引用元 NHK NEWS WEB)

今のところ、BCGがコロナに効果なしという見方が強そうです。

Twitterなどで、散々、BCGはコロナに効果があると騒がれており、テレビでもネットでも宣伝しているので、実際にBCGを打ちに行った人もたくさんいたとか。
コロナやスペイン風邪など、疫病にデマは付き物なので、もう少し冷静に自分の頭で考えられる人が増えることを望みます。 

公が言うことを鵜呑みにせず、各国のBCG摂取率、コロナ感染率、死亡率を自力で比較すれば、矛盾に気づくはずです。
BCG打ってなくても流行や死亡率が低い国は多数ありますし、その逆もしかり。

アジア人がコロナウイルスに免疫が有るという説も出てきましたね。違うタイプのコロナウイルスが既に流行し、免疫ができてるとか。。
こちらのほうが少しは説得力ある気もしますが、あくまで仮説。コロナはかからないに越したことないです。

では、今後の動向に注目ですね!!

このブログの人気の投稿

ラブラドライトは怖い!悪夢を見たり霊感の強い人は注意!合わないパワーストーンの恐怖体験談!

気持ち悪い!足が長い蜘蛛みたいな虫!ザトウムシは足が取れると死ぬ?毒や害はあるのか?

ラブラドライトは人を選ぶ不思議な石?合わない人は魔除け効果のチャクラを開くパワーストーンがおすすめ!