ピンク珊瑚のスピリチュアルな意味や効果は?恋愛運を上げ、女性や子供のお守りにもおすすめ!

ピンクコーラル(珊瑚)は、ややオレンジがかった優しいピンクが美しいパワーストーンです。

と言っても石ではなく有機物(生き物)
なんですが、その効果からパワーストーンやお守りとしても愛されてきました。

また、偽物も意外と多く出回っているらしく、注意が必要です。パワーストーンとしての意味や効果、価値、偽物の見分け方について書きます。

ピンクコーラルの意味や効果は?色の価値や偽物の見分け方、おすすめの組み合わせは?(体験談あり)


ピンクコーラル


ピンクコーラルは、宝石として売られる高価なものもありますが、パワーストーンとして連売りなどされているものは、比較的リーズナブルに入手できます。

白っぽい色むらや窪みなどがなく、鮮やかな発色ほど高品質で高価です。が、私は自然な感じの色むらもむしろ好きです。珊瑚特有の縞模様ぽいのが出てると、ときめきますね!

珊瑚は珊瑚虫という虫の骨格が成長してできたもので、実は生物です。もとは艶がありませんが、磨くと光沢が出ます。また、多くは染色加工されているそうです。

そういう意味では、全く加工をしてない天然石とはちょっと違うかもしれませんが、全くの偽物じゃない限り、パワーストーンとしてのパワーはちゃんとあると思います。

ちなみに、珊瑚の偽物は、樹脂やプラスチックなどから作られているそうです。触ったときにひんやりするのが本物です。そしてある程度重みもあります。

ガラスもあるそうですが、樹脂やプラスチックより重みがあるものの、触るとすぐに温まってしまうそうです。またガラス光沢なので、珊瑚の有機質的な柔らかい艶とは違いますね。

樹脂の偽物は火で燃やすとドロドロに溶けるそうです。しかし、これはなかなか実験できませんね。

写真のピンクコーラルは、木の年輪みたいな美しい縞模様があり、ひんやり冷たく、重みも感じます。この模様が個人的には、かわいくて大好きです♡

染色加工については不明ですが、持っていてすごく優しいエネルギーを感じ、癒やされます。これぞ、珊瑚のパワーストーン効果ですね!

天然無染色のピンク珊瑚は稀なようですので、可能性としては、シーバンブーをピンクオレンジに染色したもこかもしれません。

シーバンブーとは、白珊瑚(ホワイトコーラル)のことで、珊瑚特有の縞模様もちゃんとあります。

樹脂やプラスチックの偽物が完全に別物なのに対し、シーバンブーは、天然の珊瑚らしい雰囲気を楽しめます。天然無染色に比べるとリーズナブルに入手できるのがメリットですね。

見つめているとホッと優しい幸せな気持ちになれるのは、海から生まれた天然のパワーストーンならではの効果ではないでしょうか?

珊瑚の色の価値は、高知県で採れるような、血のように真っ赤なものが一番価値があるそうです。しかし、個人的にはピンクコーラルが大好きです。

少しオレンジがかった優しいピンクは、赤のようにどぎつくなく、オレンジより優しく、ピンクよりも柔らかい。惹き込まれるような癒やしがあります。

では、海から生まれた有機質なパワーストーン、ピンクコーラルについて意味や効果を見ていきましょう。

○ピンクコーラル(珊瑚)のパワーストーンとしての意味や効果は?(体験談あり)

ピンクコーラル パワーストーン


ピンクコーラルは、珊瑚が海から生まれるものであることから、主に、何かを産み出す意味合いが強くなります。

ピンクコーラルの意味や効果は、
  • お産のお守り
  • 生命力を高める(不老長寿)
  • 恋愛や人間関係を良くする
  • クリエイティビティ(創造性、生み出す力)を高める
  • 魔除け
  • 癒やし、ヒーリング効果
  • 子供を守る
  • 母性の象徴
  • 旅のお守り
  • 安全のお守り
などがあります。

海から生まれる珊瑚は、母なる海、母性を意味し、ヨーロッパでは、古くから、子供を守るお守りにされていたそうです。

確かに、見つめていると、なんとも言えない癒やしと優しさ、幸せを感じるんですよ。

最近、子供が小学生になり、朝起きられなかったり、イライラすることがあったのですが、ふとピンク珊瑚を見つめたんです。すると、嘘のように安堵と幸せの気持ちが湧いてきたんです。

新しい環境に子どもを送り出すときは、子供以上に親が不安なもの。ちゃんと学校に歩いていけるのか、友達と仲良くできるのかなど、不安は尽きません。

しかし、不安以上に喜びや幸せが大きいのも子育てですよね。子どもを守ることは、大きな責任や不安、そして喜びや幸せという相反する感情が伴います。

子育ての不安で押し潰されそうになったとき、ピンクコーラルは、子供と共に成長する喜びなど、子育てのポジティブな面を思い出させてくれます。

まさに、子育てするお母さんのためのパワーストーン。子どもを守るパワーストーンなのですね!

子供を守るお守りということから、子供に持たせることを考えがちですが、子供(特に男の子)は、アクティブで、すぐ紛失してしまうかもしれません。また、学校にアクセサリーを持参するのは禁止ですよね。

そう考えると、子供以上に、母親が身につけることで効果を発揮するパワーストーンではと思います。

子育てで疲れたとき、誰にも相談できず不安なとき、一人で抱え込まず、ピンクコーラルを見つめてみましょう。私がそうだったように、ふと落ち着き、幸せを思い出すかもしれません。

また、人間関係を良くする効果や癒やし効果も子育てには重要です。
ピンクコーラルを身につけると落ち着くので、自然体で優しく周りと接することができます。

緊張しやすい私ですが、ピンクコーラルを身につけると他のママさんと交流しやすくなり、自然とお子さんの名前など覚えることができました。

新しい環境に子どもを送り出すとき、母子ともに不安なものですが、ピンクコーラルが人間関係を円滑にし、子供にも良い影響を与えてくれるのです。

しかし、不思議なことにピンクコーラルは、連のままビニール袋に入れてぼんやり見ていたときは、全くときめかなかったのです。

袋から出して手に取って見つめたら、溢れるような優しさ、ボジティブさに心が温かくなったのです。

やはり、パワーストーンは、手に取って、見つめて、その力を実感するものだと再確認しました。
そして、アクセサリーとして常に身につけることで、ますます仲良くなれる気がします。

身につけただけでなく、常に視界に入るところに置いてあるということも大切です。触れる以上に見るという、視覚によるパワーは意外と大きいです。

というわけで私は、ほとんどのパワーストーンは、ブレスレットもしくは指輪にして身につけています。
無意識のうちに視界に入ることで、より強力に効果を得ることができています。

そして、ピンクコーラルのおすすめの組み合わせもご紹介しましょう!

○ピンクコーラルと相性の良い石、おすすめの組み合わせは?

ピンク珊瑚 パワーストーン


ピンクコーラルは、海から生まれたパワーストーンですので、やはり、海を由来とする石と相性が良いようです。

具体的には、
  • 真珠(パール)
  • マザーオブパール
  • クイーンコンクシェル
  • アクアマリン
  • ターコイズ(トルコ石)
などがあります。

真珠やマザーオブパール、クイーンコンクシェルは、貝から採れるパワーストーンなので、珊瑚との相性もばっちりです。

いずれも、母性や女性の魅力を高めたり、恋愛運や人間関係を良くしたり、癒やしを与えてくれる組み合わせでるるすね。

しかし、アクアマリンやターコイズ(トルコ石)は海から採れませんね?
ではなぜかと言うと、やはり、ブルーや水色といった海に関する色かと思います。

特にトルコ石は、旅のお守りとされる石なので、同じく旅や安全のお守りである珊瑚とは、とても相性が良いですね!

子連れで遠くに出かけるときなどは、トルコ石とピンク珊瑚を組み合わせたアクセサリーを安全を願うお守りにしようと思います(^^)

以上、ピンクコーラルについて、意味や効果、偽物の見分け方、組み合わせ、体験談などを書きました。

子育て中のお母さんだけでなく、これからパートナーを見つけて赤ちゃんを授かりたい女性にも、超おすすめのパワーストーンなのです!

⇒その他パワーストーンに関する不思議体験談をブログで読む!

このブログの人気の投稿

ラブラドライトは怖い!悪夢を見たり霊感の強い人は注意!合わないパワーストーンの恐怖体験談!

気持ち悪い!足が長い蜘蛛みたいな虫!ザトウムシは足が取れると死ぬ?毒や害はあるのか?

ラブラドライトは人を選ぶ不思議な石?合わない人は魔除け効果のチャクラを開くパワーストーンがおすすめ!