黒珊瑚(ブラックコーラル)の意味や効果は?産地や希少価値、ジェットやオニキスとの違いについて

珊瑚と言うと、日本ではピンクや赤、白などのイメージが強いかと思いますが、黒や青などの珍しい色があるのをご存知でしょうか?

黒い珊瑚なんてミステリアスだし、聞いただけでワクワクします。クールな黒に珊瑚の優しさが加わるなんて、パワーストーンとしての効能も気になりますね!

今回は、神秘のパワーストーン(石ではありませんが)、黒珊瑚、ブラックコーラルについて意味や効果、主な産地などを書きたいと思います。



ブラックコーラル(黒サンゴ)の産地や特徴、見分け方!魔除け効果や黒珊瑚とジェットの違いは?


パワーストーンとしても効果の高い黒珊瑚ですが、意外に知られていない気がします。私も最近まで珊瑚と言えばピンクか赤というイメージでした。

珍しい石や鉱物が大好きな私は、天然石専門店やパワーストーンショップを探してみましたが、意外なほど売っていません。

ほとんどのショップは、白やピンク、赤などの鮮やかな珊瑚がメインで、黒珊瑚を見つけるのはとても難しいです。が、たまに原木やラウンドビーズなどを見かけることはあります。

どちらの形状も素敵で迷います。原木タイプは珊瑚そのままって形が面白くて、お菓子の小枝みたいな雰囲気。ラウンドビーズはツヤツヤに磨かれていて美しいけど、珊瑚っぽさがあまりない。

ということで、両方の良さを持つアクセサリーを入手しました!ジュエリーとして磨かれたツヤツヤの美しさと、原木っぽい珊瑚特有の模様、両方を備えたアクセサリーです。

マウイダイバーズ(Maui Divers)というハワイの有名なジュエリーメイカーのペンダントなので、本物です。ツヤツヤな光沢と木の年輪みたいな模様がかっこいい!そしてすごく軽いんです!



というわけで、以下、黒珊瑚の特徴です。

黒珊瑚の特徴は、
  • 磨くと美しい光沢が出る
  • 木の年輪のような模様がある
  • 天然石と比べてとても軽い!
  • 透明感はなくマットな黒
ということです。

特に印象的なのは、軽さでした。同じくらいの大きさの天然石(石や鉱物)であれば、もっとずっしりと重いです。しかし、あまりの軽さに驚きました!プラスチックより軽いのでは?

黒珊瑚は、石ではなく珊瑚です。サンゴと言う生き物の骨格が成長して作られた有機質のパワーストーン。ストーンとはいえ、石ではないのです。そのため、石のような重みはありません。

これが黒水晶オニキスだったらだいぶずっしりと重いでしょう。外観は、黒水晶のような透明感や透け感は全くなく、オニキスに近いです。が、重みや年輪模様で、オニキスと区別できますね。

また、似たようなパワーストーンに、ジェットというものがあります。こちらも同じく有機質なので、珊瑚と似た温かみのある雰囲気が特徴です。石のようにキーンとした冷たさがないんですね。

似てるけど違う!ジェットと黒珊瑚の違いや特徴は?

↑※写真はジェットと水晶のブレスレットです。

黒い石ということで、ジェットも黒珊瑚も魔除け効果があり、意味的には似たものを持っています。が、形成過程や見た目など違いがあります。

ジェットとは簡単に言うと、木の化石のことです。太古の昔に海底に沈んだ木が、長い年月をかけ、炭化したものがジェットです。

また見た目の違いですが、まずが微妙に異なります。ジェットの方が、よく見ると茶色っぽい色をしています。一見真っ黒なのですが、光の強さや角度によって、茶色っぽく見えます。

また、ジェットの表面には、独特の「照り」があります。ジェットは、炭の塊のような形状で発掘されるのですが、磨くことで独特の美しい照りがでるそうです。

黒珊瑚にも艶がありますが、木化石のほうが少しオイリーな感じのしっとりした照りに見えます。例えるなら、マニキュアを塗ったようなウェットな艶というのでしょうか?

そして、どちらもとても軽いです。ジェットも黒珊瑚も、他の鉱物と比べてやはりとても軽いです。琥珀もそうですが、有機質のパワーストーンって、石より軽い傾向がありますよね。

また、ジェットは、もともとは木ですが、木が海底に沈み、圧縮されて炭化したものです。そのため、真っ黒な塊で採取されるようで、黒珊瑚のような年輪模様は見られません。


↑黒珊瑚の年輪のような模様。かわいいですね♡

ジェットは、ヨーロッパではモーニングジュエリー(お葬式の時に身に付ける)として親しまれているそうです。黒珊瑚は、フォーマルな場所から葬儀など幅広く使われるようです。

以上のように、同じ有機質の黒いパワーストーンですが、見た目や形成過程に違いがあるのが面白いですね。黒いパワーストーンが大好きなので、見比べて見た目の違いを感じるのが楽しいです(^▽^)/

黒珊瑚は採掘禁止?希少価値や産地について

黒珊瑚は、中国やインドネシア、フィリピンなどでも採取できるようですが、やはり主な産地はハワイです。

黒珊瑚はその昔、紅海(エジプトとアフリカ大陸の間にある湾)で発見され、魔除けのお守りとして、一部の支配者が専有してました。

しかし、200年ほど前に枯渇してしまい、紅海から存在を消してしまいました。が、1958年に再び、ハワイのMAUI DIVERSに発見されたのです。

黒珊瑚はとても希少価値が高く、ハワイ政府が許可した一部のダイバー以外、採取禁止になっているそうです。

黒珊瑚が採取できる場所は、海底50メートル以内と、比較的浅瀬なようですが、採取できる場所は厳しく管理され、外部から知ることができないそうです。

先ほど紹介したマウイダイバーズオブハワイの専属アーティストやスタッフでさえ、その場所を知ることは禁じられているそうです。

黒珊瑚は、恐ろしいサメや激しい潮の流れと闘いながら、命知らずのダイバーたちが、命がけで採取してくるそうです。想像すると、お金では買えないくらい、貴重でありがたみを感じますね!!

黒珊瑚は魔除けに効果的?パワーストーンとしての意味や効果は?



黒珊瑚の意味や効果は、主に
  • 魔除け、厄除け
  • 創造力(クリエイティブな力)アップ
  • 開運(運気の流れをよくする)
  • 危機回避
  • 不老長寿のお守り
  • 健康のお守り
  • 旅のお守り
  • 精神の安定、ヒーリング効果
  • 財運
などがあります。

もともと珊瑚は、母なる海で生まれることから、何かを産みだす力をアップしてくれると言います。そのため、クリエイティブな方面にも効果的です。

また、海は絶え間なく流れ、めぐっていることから、運気の流れをスムーズすることで、運気を上げてくれます。海が持つ浄化作用やヒーリング効果も備えています。

特にピンク珊瑚などは、女性の魅力をアップしたり、「産後」という言葉にかけて、産前、産後や出産のお守り、子供を守るお守りとしても最適です。

黒珊瑚の場合は、珊瑚の生み出す力やヒーリング効果もありますが、一番強いのは、やはり、黒いストーン特有の「魔除け」に関する効果です。

オニキス、黒水晶、ジェットなどの他の黒いパワーストーン同様、黒珊瑚もまた、魔除け効果に優れたパワーストーンです。これは、黒と言う色の性質から来ています。

黒は、他のどの色にも染まらない色であることから、他人の影響を受けにくく、特に、特定の人や場所が発する悪い気(邪気)を避けてくれると言われています。

特に、黒珊瑚は、ダイバーたちが鮫や潮流の危険にさらされながら、命がけで採取してくるものです。運よく貴重な黒珊瑚をゲットできたダイバーたちの強運も備わっているでしょう。

そのため、黒珊瑚は、旅のお守りや、危機回避、安全を願うお守りとしても最適です。他の珊瑚も旅や安全のお守りとされていますが、特に黒珊瑚が持つパワーは強いです。

黒珊瑚は他の色の珊瑚と比べても希少性が高く、採取できるのは限られた人だけです。選ばれた人間が、命がけで採取してきたパワーストーン。危険回避能力の高いパワーストーンと言えますね!

以上、黒珊瑚(ブラックコーラル)の意味や効果、産地、ジェットとの違いなどを書きました。
黒いパワーストーンは魔除け効果に加え、個性豊かで本当に美しいです。どれか迷った場合、希少価値が高く、軽くて身に付けやすい黒珊瑚は超オススメです!

他にもパワーストーン関連記事をたくさん書いています!随時更新しています(^▽^)/

このブログの人気の投稿

ラブラドライトは怖い!悪夢を見たり霊感の強い人は注意!合わないパワーストーンの恐怖体験談!

気持ち悪い!足が長い蜘蛛みたいな虫!ザトウムシは足が取れると死ぬ?毒や害はあるのか?

ラブラドライトは人を選ぶ不思議な石?合わない人は魔除け効果のチャクラを開くパワーストーンがおすすめ!