ムーンストーンの偽物?ホワイトラブラドライトとは?本物との違いやシラーの色、見分け方について



虹色のシラー(光の効果)
が出るムーンストーン、レインボームーンストーンという石を買ったことがあります。しかし、ムーンストーンにしては少し波長が違うような・・。強いというか、あまり安らがない・・。

調べてみたら、レインボームーンストーンと言われる石は、ムーンストーンではないのだそう!ムーンストーンという名前が付いてるのになぜ?今回は、ムーンストーンと間違われやすい天然石、レインボームーンストーンについてです。

驚き!レインボームーンストーンはホワイトラブラドライトだった?偽物の見分け方はシラーの色?


冒頭の写真は、レインボームーンストーンという名前で売られていたパワーストーンです。当時、石の知識が乏しかった私は、何の迷いもなく、ムーンストーンと信じて買いました。しかし、身につけてみたところ、違和感がありました。ムーンストーンにしては気持ちが落ち着かないのです。

そこで、レインボームーンストーンという石について調べてみると、衝撃的な事実が!!
なんと、レインボームーンストーンというのは、流通名(商業名)みたいなもので、正式には、ホワイトラブラドライトという石なのだそう!

以前、ブログに書きましたが、実は私、ラブラドライトという石とあまり相性がよくありません。特に虹色のシラーが出るものが苦手で、めまいがしたり、疲れることが多いのです。それと似た感覚があったので、変だなーと思っていました。

これには正直おどろきました。ムーンストーンを買ったつもりなのにショックですが、身に付けた時の感覚について、腑に落ちました。ラブラドライトを身に付けるとめまいを感じる事があった私。石の正体を知って理由がわかりました。と同時に、ああ、やっぱりパワーストーンって、目に見えないエネルギーがあるんだなと再確認しました。

ムーンストーンと思い込んで身につけていても、やはり、ラブラドライトとしての効果が現れたということは、パワーストーンというのは、思い込みではなく、本当にエネルギーがあるのだなと感じます。

しかし、ムーンストーンが欲しくて買った人にとっては、実はラブラドライトだったと知ったら、少しショックですよね。本物のムーンストーンとホワイトラブラドライトにはどんな違いがあるのでしょうか?見分け方のポイントを書いてみました。

ラブラドライトとムーンストーン、ペリステライトを見分ける方法は?シラーの出方に注意!



レインボームーンストーン改め、ホワイトラブラドライトという石は、ムーンストーンではなく、ラブラドライトの一種です。虹色のシラーが出るムーンストーンではなく、白いラブラドライトというのが正解です。

しかし、実際は、レインボームーンストーン、または、ブルームーンストーンなどの名前で売られていることがけっこうあるのです。私も、レインボームーンストーンという名前で販売されていたのをムーンストーンと信じて買いました。

虹色のシラーが出るムーンストーンを指すと信じて買ったのですが、今思えば、シラーが虹色という時点で、ムーンストーンではないと疑うべきだったのです。と言っても、石に詳しくない人にとって、シラーの色で石の種類を判別するのは難しいですよね。

シラーというのは、ムーンストーンやラブラドライトなどの長石(フェルスパー)という種類が持つ光の効果のことです。一見普通の石なのに、角度を変えると光のゆらめきが現れる様子は、とても美しく神秘的ですよね。

シラーは主に、白かブルーが多いですが、虹色の場合もあります。しかし、ムーンストーンの場合は、白かブルーの単色しかありません。虹色のシラーが出るのは、ラブラドライトだけなのです!ということは、レインボームーンストーン(虹色のシラーが出るムーンストーン)は、あり得ないことになりますね!

↑レインボームーンストーン(ホワイトラブラドライト)には、よく見ると青、緑、オレンジなどのシラーが混ざっています❣


厳密には、ムーンストーンに現れる単色のシラーを「アデュラレッセンス」、ラブラドライトに現れる虹色のシラーを「ラブラドレッセンス」と呼ぶそうです。ムーンストーンには、ラブラドレッセンスは現れません。ということは、虹色のムーンストーンの正体はやはり、ラブラドライトということになりますね!

というわけで、ムーンストーンかラブラドライトかを見分けるポイントは、シラーの色ということになります。流通名がムーンストーンであっても、実はラブラドライトということはよくあります。気になる人は、シラーの色をよく観察してみてください。虹色だったらラブラドライトです。

虹色と言っても、七色出るという意味ではありません。ブルー、白以外に、オレンジ、緑、ピンクやパープルなど、異なる色が混ざっていたらラブラドライトです。ムーンストーンの場合、シラーはほとんど白で、稀にブルーのこともありますが、オレンジや緑、ピンクなどのシラーはないです。



こちらは、私が持っているオレンジムーンストーンという石です。ムーンストーン特有の優しい白いシラーが出ています。サンストンーンのようなキラキラが出ていることから、サンムーンストーンと呼ばれることもあるようですね。このように、普通、ムーンストーンは、虹色ではなく白や青白いシラーが出ます。

そして、シラーの色以外にも見分け方があります。それは、シラーの出方です。ムーンストーンの方が、内側からボワッと出ている感じ。ラブラドライトは、石の表面にギラッと現れる感じです。と言っても説明が難しいです。

個人的には、ラブラドライトは、ムーンストーンより主張が強く見えます。例えはよくないですが、水に浮いた油がギラッと虹色に光る時がありますよね。あれと似ている感じです。私は少し酔ってしまいます。3D映像とか見てると酔う感じ・・。アレと似た感覚があります。

これに対し、ムーンストーンは、もっと優しいほんわかした光です。内側からという表現のとおり、石の表面にギラッと現れるのではなく、ボワーッと内部からじんわり生まれ出てくるような光です。まさに月の光のような繊細な優しさと儚さを合わせもった穏やかな光です。

そして、素人が見分けるのはほぼ無理というくらい難しいそうなのですが、実は、ムーンストーンと似ている石がもうひとつあるそうです。それは、ペリステライトという石だそうです。

ペリステライトは、ブルームーンストーンという名前で売られていることがほとんどだそう。ブルーシラーが出るムーンストーンは、すごく希少価値が高いのですが、ほとんど枯渇してしまったらしく、代わりに青いシラーを持つペリステライトがブルームーンストーンとして売られているそうです。

ペリステライトは、ムーンストーンよりはむしろ、ラブラドライトに近い組成を持つ石なのだそうです。ということは、シラーの出かたも少し、ギラッとした感じなのでしょう。と言っても、素人が見分けるのはかなり難しいそうです(;'∀')

本物のブルームーンストーンは、まさに月の光のような青白いシラーが優しく出る、この上なく美しい石だそうです。すごく欲しいーー!!しかし、お高いんでしょうねーー!!ペリステライトも写真で見た感じ、透明感が高いものはすごくきれいです。しかし、波長はやはり、ラブラドライトに近いんだと思います。

個人的には、ラブラドライトとの相性がいまひとつなので、やはり、本物のムーンストーンが欲しいなーと思いました。しかし、よくよく見直してみると、ムーンストーンとして買った石の半分近くは、ラブラドライトということが判明したのでした(;・∀・)



私が買ったブルームーンストーンやレインボームーンストーンという名前の石。上記写真では少し分かりにくいですが、多色のシラーが出ています。オレンジや水色などの虹色シラーが、石の奥からわいてくる感じではなく、表面にギラッと輝くのが見えました(^^;

まとめ

以上、ムーンストーンとラブラドライトの見分け方についてでした。パワーストーン初心者のうちは、ほとんどの人が見分けがつかず、間違えて購入してしまうことが多いと思います。

本物のムーンストーンには、優しい白い(または青白い)シラーがぼんわりと出ています。ラブラドライトの虹色の強いきらめきとは違うので、よく観察し、間違わないようにしてほしいと思います。

もちろん、ホワイトラブラドライトという石もとても素敵な石ですよ!私は相性がイマイチでしたが、ラブラドライトが好きな人は、ぜひ購入してみてはいかがでしょう?綺麗な青いシラーが出ている物は、ブルームーンストーンより何倍も安く買えるうえに美しいですよ(^▽^)/

このブログの人気の投稿

ラブラドライトは怖い!悪夢を見たり霊感の強い人は注意!合わないパワーストーンの恐怖体験談!

気持ち悪い!足が長い蜘蛛みたいな虫!ザトウムシは足が取れると死ぬ?毒や害はあるのか?

ラブラドライトは人を選ぶ不思議な石?合わない人は魔除け効果のチャクラを開くパワーストーンがおすすめ!