母岩付きパイライトの意味や効果は?悪意を跳ね返すパワーストーン!ヒーラーズゴールドとの違いは?




パイライト(黄鉄鉱)
は、「愚か者の金(Fool's Gold)」とも呼ばれるように、金とよく似たパワーストーンです。金と間違えやすいことから、このように呼ばれています。

写真の金色っぽいのがパイライトで、黒っぽいのが母岩です。磁鉄鉱など珍しい鉱物と共生してることが多いのも面白い石ですね。

また、パイライトは、パワーストーンとしての意味や効果もすごいんです。今回は、地味なようで魅力あふれるユニークな石、パイライトの意味や効果、母岩などについて書きます。

パイライト(黄鉄鉱)の意味や効果は?マトリックスパイライト(母岩付き)の特徴や産地による違いは?


パイライトは、他の石にはない魅力があり、なぜかとても惹かれる石のひとつです。値段もわりと安価ですし、宝石のような高級感はありませんが、実はファンが多い石ではないでしょうか?

パイライトの一番の魅力のひとつは、結晶の形です。まるで作り物のようなキュービック型をしています。黒や白の母岩に、サイコロのような形の金色のパイライトが付いている様子は、ユニーク過ぎて、びっくりしますよ!

パイライトの結晶の特徴は?


↑こちらはペルー産パイライトの結晶。比較的小さな結晶がたくさん集まってるタイプ。

パイライトのすごさのひとつめは、結晶の形です。サイコロそっくりの立方体のものや、六面体、八面体などのキュービック型があります。

以前、博物館で見たことがあるのですが、大人の顔ほどもある大きな正方形の結晶がどかんと置いてあり、びっくりしたことがあります。自然に作られたとはとても思えないような整った形で、すごい存在感です!

自然なのに自然に見えない、不自然なほどに整った結晶の形こそが、パイライトが他の鉱物と異なる一番の魅力だと思います!

パイライトの色の秘密、鉱物の成分は?

パイライトは金属感あふれる石ですが、鉄などの金属とは違い、金色をしています。金と間違われやすい所以でもありますが、この色は何からできているのでしょう?

パイライトの成分は、硫黄です。厳密には、鉄が46%、硫黄が53%くらいだそうです。ということは、若干ですが硫黄の方が多いのですね。メタリックな光沢をもつのに鉄より黄色っぽい真鍮色なのは、この硫黄によるものなのですね。

また、パイライトは、パワーストーンだけでなく、火打ち石としても使われていたそうです。私はやったことありませんが、火起こしにまで使えるなんて、実用性もあり、ますます魅力的な石ですね!

パイライトは母岩や内包物も魅力!


パイライトの魅力は、母岩にもあります。母岩とは、パイライトを生み出す石、パイライトが生えている石とでもいいましょうか?母岩にくっついて採取されることが多いんだそうです。

パイライトの母岩は、白や黒などあるようですが、よく見るのは黒い母岩です。「マトリックスパイライト」とか、「ヒーラーズゴールド」という石を聞いたことがあるでしょうか?

マトリックスと言うのは、「生み出す」という意味があるようで、母岩のことを指すようです。黒い母岩が付いたパイライトをマトリックスパイライトと呼ぶようです。

最初見た時、黒と金色のコントラストがかっこよくて、なんて素敵な石!と思ったのですが、気になるのはこの母岩の正体でした。なんという石なんでしょう?

調べてみたら、この母岩の正体は、「マグネタイト(磁鉄鉱)」という鉱物なんだそうです。名前にmagnet(マグネット)という意味が含まれるように、磁力を持つ珍しい鉱物だそうです。

上記のマトリックスパイライト(黒い母岩付きパイライト)を「ヒーラーズゴールド」という名前で売っているところもあります。違いは何かあるのでしょうか?

ヒーラーズゴールドというのは、アメリカ産のマトリックスパイライトのことだそうで、商業名です。産地や名前は異なりますが、鉱物としてはほぼ同じなので、同様の意味や効果があると思ってよさそうです。

マトリックスパイライト以外にも、パイライトインカルセドニーパイライトインアゲートパイライトインクォーツなど、瑪瑙や水晶などが混じったパイライトも産出されます。

異なる鉱物との共生は、眺めるのも面白いし、パワーストーンとしての相乗効果も期待できますね!


こちらは、パイライトインカルセドニーとして売られていたパワーストーンブレスレットです。

パイライト大好きだし、珍しいなーと思い、飛び付いたのですが、マトリックスパイライトと似てますね(^_^;)

よく見るとマトリックスパイライトと比べ、母岩にうっすら透明感があります。カルセドニーの透けた感じが垣間見えるのが、面白いですね。

このように、パイライトは、瑪瑙や水晶、マグネタイトなど、他の鉱物との共生が見られるのが魅力のひとつです。

マトリックスパイライトの意味や効果は?


マトリックスパイライトは、パイライトとマグネサイトから成る鉱物なので、基本的には、ふたつの鉱物の意味がそれぞれ合わさった効果があると考えてよいと思います。




パイライトの意味や効果は?

  • 悪意を跳ね返す
  • ネガティブエネルギーを遮断する
  • 魔除け、防御効果
  • 金運を高める
  • 安定感、落ち着きを得る
  • 家族を守る
  • 危機回避
  • 勝利、成功、チャンスをもたらす
などがあります。

パイライトは、ハンマーで叩くと火花が出るそうです。火のエネルギーを持つことから、勝利やチャンスを掴み取るための強いエネルギーや、邪気を燃やす効果もあります。

金色の鉱物であることから、金運を高める効果も持っています。

また、ルービックキューブのような安定感のある形をしていることから、心を安定させたり、グラウンディングの力を与えると言われます。


磁鉄鉱(マグネタイト)の意味や効果は?


パイライトの母岩であるマグネサイトは、磁鉄鉱のことです。酸化鉄の一種で、黒色をしています。磁石に引き寄せられる特徴があります。
マグネサイトと似ているので間違えてしまいそうですね。

マグネタイトは、
  • 良縁を引き寄せる
  • ネガティブエネルギーをプラスのエネルギーに変える
  • 心を静める
  • 危機回避
  • 困難を乗り越える
などの効果があるそうです。

磁石を引き寄せる性質から、良縁やプラスエネルギーを引き寄せる意味合いがあるのかもしれませんね。

パワーストーンとして売られているのは滅多に見かけることはなく、マニアックな鉱物と言えるんじゃないでしょうか?

マグネタイトは、パイライトの母岩だけあって、パイライトとよく似た意味合いを持つんですね。どちらもマイナスエネルギーを遮断し、良いエネルギーに変えたり、危機回避する力を持っています。

母岩付きパイライトの場合、パイライトに加え、母岩であるマグネタイトのパワーも加わることから、更に強い防御効果を期待することができるかもしれませんね!

また、ヒーラーズゴールドとの違いは産地によるもので、成分はほぼ同じなので、似た意味や効果を持つと言ってよいと思います。

ヒーラーズゴールドは、名前の通り、ヒーリング=強い癒し効果を持つと言われる石です。陰陽のバランスを整え、弱ったチャクラを活性化したり、ポジティブなエネルギーを取り込んでくれるそうですよ。

以上、母岩付きパイライトの意味や効果についてでした。

見た目のユニークさだけでなく、パワーストーンとしての癒しや開運、厄除け効果にも優れた天然石と言えます。

一度手に持ってその重厚感やエネルギーに触れてみてはいかがでしょう?ずっしりとした落ち着きの中に強い輝きや活力を秘めた素晴らしいパワーストーンです。

このブログの人気の投稿

ラブラドライトは怖い!悪夢を見たり霊感の強い人は注意!合わないパワーストーンの恐怖体験談!

気持ち悪い!足が長い蜘蛛みたいな虫!ザトウムシは足が取れると死ぬ?毒や害はあるのか?

ラブラドライトは人を選ぶ不思議な石?合わない人は魔除け効果のチャクラを開くパワーストーンがおすすめ!