怖いけど美しい!孔雀のスピリチュアルな意味は?羽を広げるのはいつ?


綺麗な鳥の代表と言えばクジャクかと思いますが、実際に羽を広げるところを見たことがある人は、意外と少ないかと思います。

私自身、動物園で孔雀を見たことは、いままでに3回はあるはずですが、羽をきれいに広げる瞬間は、テレビでしか見たことがありませんでした。

孔雀は、その美しさや目玉模様の不思議さから、神のシンボル、スピリチュアルな意味があるとも言われています。

しかし、怖いという人もいますね?


孔雀の目玉模様のスピリチュアルな意味は?羽を広げるのはいつ?オスメスの見分け方や特徴、後ろ姿は?


孔雀の羽は実は気持ち悪い?怖い理由は?

孔雀の美しい羽を怖いと言う人もいます。それはなぜかというと、あの目玉模様です。



私も、孔雀って美しいと思っていたのですが、実際にそばで羽を広げる姿を見たら、「えっ?意外と気持ち悪いかも?」となりました。

気持ち悪い理由は、目玉模様がひとつではなくて、羽一杯に無数に広がっていたことです。目がたくさんある妖怪がいたと思いますが、あれを思い出しました💦

そう、孔雀って、近くで見ると意外と気持ち悪いんです。もちろん、玉虫色の扇子のように美しい色と形の羽、優雅な動きなど、美しいのですが、目玉模様だけはやはり怖いかも。

特に、集合体恐怖症、目玉模様恐怖症の人にとっては、すごく気持ち悪いかもしれません。

孔雀は不思議な鳥!厄除けのシンボルと言われる理由は?

目玉模様がたくさんあり、集合体恐怖症の人にとっては気持ち悪い孔雀。しかし、恐れの気持を持つのは不思議ではありません。

孔雀は、他の生物にはないすごい特徴を持っていて、その力はあの目玉にも象徴されているからです。それは、邪気避けです。

孔雀は、仏教では神聖な存在として崇められています。なぜなら、毒蛇などの毒のある生き物や虫を平気で食べるからです。

キングコブラの毒は象を殺せるほど強力で、私ら人間が噛まれたらひとたまりもありません。血清がすぐに見つからない限り、経過と共に神経がやられ、呼吸が止まり、苦しみながら死を待つのみです。

そんな恐ろしい毒蛇の毒をものともせず、逆に補食してしまうすごい生き物が、実は、孔雀なのです!

孔雀は、毒蛇の毒に抗体を持っており、毒で死ぬことはありません。だから、邪悪な蛇毒でさえ、食べてしまうんです。す、すごい!!

私はこれを知ったとき、孔雀のこの世のものと思えぬほどの美しい羽、優雅な歩き方、そして、よく見ると気持ち悪い目玉模様の集合体。この秘密がわかった気がしました。

孔雀は、やはり、神の使いなんだと思います。美しい反面、気持ち悪いと思うのは、すごいパワーを持っていることへの畏怖や恐怖から成る感情だったんですね。

キリスト教などの多くの信仰や宗教で邪悪な存在とされる蛇。その蛇の毒をものともせず、エサにしてしまう。

人間ならひとたまりもない恐ろしい毒を栄養に変えてしまうとは。まさに、邪気を避け、ネガティブエネルギーをポジティブエネルギーに変えるパワーがあると言えます。

目玉模様の魔除け効果と聞いて思い出すのは、マラカイトというパワーストーンです。


目玉模様が印象的な美しい緑色の石で、クレオパトラがアイメイクに染料として使ったとも言われています。

マラカイトは、別名、孔雀石とも言うんです。確かに!鮮やかな緑色と言い、目玉模様と言い、孔雀の化身のような姿をしています。

そしてこのパワーストーンもまた、邪気避け、魔除けなどの意味、効果を持っているのです!

きれいなバラにはトゲがあると言いますが、飛び抜けて美しい存在は、魔力のような恐ろしさ、強さを併せ持つものが多いと思います。

また、昔から、目玉模様は、悪意を持った者の目を睨み返すことで、邪気から身を守る意味があり、魔除けのお守りとされてきました。

人間だけでなく、多くの動物が、本能的に目玉を怖がるそうですね。悪意を持って睨み付けられると恐怖が芽生えるものです。他者の悪意や呪いなどを跳ね返すには、より強力な眼力が必要ということですね。

たくさんの目玉模様、そして、邪悪な蛇でさえ糧にしてしまう強さ。そして類いまれなる美しさ。まさに神のような鳥です。

私はますます、孔雀という神秘的な鳥が好きになってしまいました。羽を広げた孔雀を待受画面にし、マラカイトを身に付け、魔除け効果最強を目指したいと思います。

さて、この美しい孔雀ですが、一番美しい瞬間はやはり、羽を広げた瞬間ですね。しかし、いつも開いてるわけではありませんよ?

写真やテレビでしか孔雀を見たことがない方は、孔雀が羽を広げた瞬間しか知らないかもしれません。しかし、実は閉じてる方が多いってご存じでした?

孔雀が扇のように羽を開くのは珍しい?いつ見られるの?


孔雀が羽を開くのは、実は限られた時期だけです。春~夏にかけての発情期にしか開かないそうです。

孔雀が羽を開くのは、オスがメスに自分の美しさをアピールし、後尾を誘うためというのは知っていました。が、年中発情してる訳じゃないんですね(^_^;)

人間と違い、動物はだいたい発情期が決まっていて、孔雀の場合、春夏なようです。なので、秋冬には羽を広げないそう。

私が見たのも5月のゴールデンウィークでした。羽がふさふさとはえていて、閉じているときでさえ、歩くたびにふさふさと緑の毛が優雅に揺れ、美しかったです。

しかも、発情期が終わるとこの美しい羽は必要なくなるので、抜け落ちてしまうそうです。動物園に孔雀を見に行くときは注意。季節によってだいぶ姿の差がありそうです。

孔雀の雄と雌の見分け方、後ろ姿は?(動画あり)


孔雀のオスとメスの見分け方について、美しい羽があるほうがオスというのは知ってる人が多いかもしれません。ではメスは?

孔雀の代表的な写真は、羽を広げた美しい雄であることがほとんどなので、多くの人はメスの姿を知らないかもしれませんね。私もでした。

こちらの動画を見てください!発情中の美しいオスの貴重な姿が見られます。



美しい羽を広げたほうは雄。羽を閉じて地面を通りすぎる地味な鳥がメスです。

また、雄が最後に後ろを向くシーンがあるのですが、孔雀の後ろ姿ってあまり見ないので貴重でした。しくみが扇子と似てますね??

羽を広げる瞬間は撮れなかったのですが、まさに扇子を広げるように、ふわーっと大きく広がっていく様子は、感動でした!

この日は、オスが3匹ほどいて、そのなかで一番体が大きく、羽も長くて美しいオスだけが、メスの前に出て羽を広げ、アピールしてました。

アピールするときに、羽をブルブル、、と震わせている音が聞こえると思います。ブーーン、、と、まるで扇風機が静かに回るような音です。

まったく相手にしないメス。メスのほうはタイミングではなかったようですね。残念(笑)

しかし、メスが相手にしない様子だと無理矢理襲ったりはしないんですね。この点についても、他の動物より気品があり、美しい生き物だなーと感じました。

この品行方正さ、人間の雄も見習いたい!発情する姿までスマートで美しい孔雀!やはり神がかり的な生き物です。貴公子ですね!

以上、孔雀のスピリチュアルな意味や目玉模様、特徴などについて書きました。

孔雀のスピリチュアルなパワーをもらうには、実際に羽を広げてる瞬間を近くで見ることでしょう。

そして、常に孔雀のパワーを身に付けるには、孔雀の魔力を閉じ込めたような石、マラカイトがおすすめです。

美しい目玉模様が入ったものは、天眼石とも呼ばれ、更に魔除け効果が抜群です。そうでない縞模様のマラカイトは、わりとお手頃に買えますよ(^^)

このブログの人気の投稿

ラブラドライトは怖い!悪夢を見たり霊感の強い人は注意!合わないパワーストーンの恐怖体験談!

気持ち悪い!足が長い蜘蛛みたいな虫!ザトウムシは足が取れると死ぬ?毒や害はあるのか?

ラブラドライトは人を選ぶ不思議な石?合わない人は魔除け効果のチャクラを開くパワーストーンがおすすめ!